>

リフォームの成功と失敗

この記事をシェアする

リフォームをして快適な暮らしへ

■「今」を大事に
リフォームを行う際には、「今の暮らし」を大切に決めていくことが重要です。
新築当時は、子どもも小さく寝っ転がれる畳の部屋が重宝したが、子どもが巣立ち、住んでいる家族が高齢化したときにはバリアフリーの床にしたくなるかもしれません。
畳は手入れが必要であり、寿命もあります。
手入れの面倒さからフローリングを希望する人もいます。
和室から洋室に変えることで、メンテナンスの手間が省け、費用が掛からなくなった事例もあります。

■生活スタイルに合わせて
新築当時はわからなった生活導線が、リフォームする今、見えているかと思います。
一つ一つの部屋に分かれていた間取りも、現在の使用方法に合わせて一続きの部屋にすることもできます。
子どもの家族や孫が集まりやすい広々としたリビングを作ることで家族がより集まりやすい空間を作ることができた事例もあります。

リフォーム失敗事例

■見積りよりも大幅にかかった!?
前述したように見積もりと請求額がまったく異なる事例は多くあります。
実際にリフォームを始めてみると、見えないところに老朽化が進んでいたなどの理由から、予定していた見積もりと大きく異なってしまうこともあります。
見積もりはあくまでも目安として考え、ある程度は多く費用が必要になる可能性も考えておきましょう。

■リフォームトラブルのあれこれ
住宅リフォームの流行の波が来ているため、それに応じてリフォームトラブルも増えてきています。
高齢者が不要な工事を勧誘されて、契約させられてしまう訪問販売の事例もあります。
また、工事が実際に計画通りに行われなかったという事例もあります。
完成した際には、図面や仕様書などを持参し、十分に確認する必要があります。

もしも、計画通りになっていなかった場合は、引き渡しの前に指摘し、直してもらうようにしましょう。